刑事裁判とマスク

公開日: 

弁護士石井です。

今年は、やたらと国選の刑事事件が多い気がします。
事務所にいる時間が多いからでしょうか。

 

2週間ほど前、ホームレスの方の刑事事件で、裁判が開かれたのですが、
法廷では被告人がマスクをしていませんでした

 

法廷

 

裁判官もそのまま進めるので、検察官の証拠調べ、弁護人の証拠提出、被告人質問と手続きを進めました。

被告人質問で、弁護人である私から、一通り、情状について聞き、被告人も大きな声で回答していました。

 

弁護人からの質問が終わり、検察官からの反対尋問が始まる、というところで、裁判官が一言。

 

あなた、マスクしてませんね?

 

いまさらーーー!?

 

「はい、持ってないので」

ホームレスだし、仕方ないところもあるでしょう。

裁判官は、拘置所の係の人に質問。

マスクは持ってきていないのですか?

 

被告人が持っていない場合には、拘置所で準備するようです。

拘置所の人「忘れました。すみません!」

正直。

 

前もあったのですが、忘れられると困るんですよね・・・

として、書記官に指示。

書記官は、担当係に連絡し、マスクを持ってこさせました。

被告人、いまさら着用

 

その後、反対尋問、論告・弁論後の被告人陳述までマスク着用でおこなわれました。

一番、しゃべる被告人質問の主尋問部分はノーマスクでしたが。

マスクをしていないだけで飛行機が止まる時代ですから、裁判所も提供用のマスクの準備があるのですね。

2週間ほど前の話ですので、この件での感染はなかったものと思われます。

 

 

なお、刑事裁判で関係者がマスクを着用していて良いのか、弁護士の間でも議論があります。

弁護士がマスクをしていると弁論等を聞き取ってもらいにくい、証人がマスクをつけていると表情が見にくく反対尋問がしにくい、などの意見です。

神奈川県弁護士会では、裁判所に対し、弁護人等から、マスクなしで裁判をやりたいとの申し出があったら、制限しないでね、という意見書を出しているそうです。

コロナ対策と同じで、どうした方が良いのか意見は分かれる問題ですね。

 

厚木、横浜の弁護士事務所 ジン法律事務所弁護士法人

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑