マンションでネットが繋がらなくなったら、浴室天井裏を見ろ?

公開日: 

弁護士石井です。

先日、自宅マンションのインターネットがつながらなくなり、あせりました。

自宅で仕事をすることもあるので、これは困る。

同じような人が全国にいそうなので、記録に残しておきます。

最近、Wi-Fiルーターが不調だったので、それが原因かと思いきや、有線でもつながらず、テレビにつないでいるネットフリックスも見られないという事態に。

帰宅するや、「ipadがネットにつながらない」と涙目の子がいました。

家族のスマホでは、即効で1ヶ月の容量を使い果たした様子。

データ通信量

 

めちゃくちゃ遅い!」と言っていました。
管理人さんに聞いたら、うちのマンションでは、最近、4件もあった相談だそうで、自宅に設置されているハブが原因だろうとのこと。
ハブの電源が落ちているか、そうでなければ寿命なので、ハブを電気屋で買って交換せよとのこと。

 
ハブって何?どこにあるの?
と思ったら、うちのマンションでは、浴室の天井裏にあるとのこと。

ど、どういうこと?天井裏にそんな精密機械が?

恐るおそる天井裏を覗いてみると、ありました。あれかー。

マンションのハブ

 
電源は落ちておらず、光っているので、交換が必要らしい

しかし、我が家の場合、覗ける穴から、ハブの設置場所まで遠い。
椅子に乗って覗いたところ、手も届かない

天井に思いっきり体重かけて上半身を乗り上げないと難しそう。でも、そんなことしたら、天井が壊れるんじゃ、、と悩んでいたら、管理人さんがはしごを貸してくれました。

これに乗って、無事、交換できました。

 

はしご

電気屋で3000円ちょっと。
ポートが8箇所ついているものは、選択肢が3つしかありませんでした。

うちのマンションの場合、リビングに2箇所、各部屋に1箇所、LANケーブルの差込口が来ているのですが、これは、このハブから天井裏を通って各部屋に来ていた様子。
マンション自体のネットケーブルが、このハブに刺さって、そこから分配されていたわけですね。

すべてのケーブルを新しいハブに差し替えたら、ネットが復旧しました。
この過程で、事務所でネット検索したところ、このハブの設置場所として浴室天井裏は結構、多いようです。
または、玄関に設置されていることもあるそう。
ハブの設置方法では、マグネット式か、ネジなどに引っ掛けるタイプがあるそうですが、うちは後者でした。
ハブを強く上にずらすことで取り外しができました。

マンションのハブ

2日ほど、自宅でネット断ちとなり、食事中に、何かが話題になっても検索しない、というのは新鮮でした。

こういうハシゴに乗ったりする作業に適性が全くないので、一戸建てではなくマンションに住んでいるのですが、10年以上も住んでいると、いろいろと作業が出てきます。

今回は無事に終えることができましたが、高齢者だったりすると、危ない作業ですね。

20年後も、このような交換作業ができるよう鍛えておく必要がありそうです。

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑