厚木簡易裁判所の法廷・コロナバージョン

日記

弁護士石井です。

久しぶりに厚木簡易裁判所での民事事件があり、法廷に行きました。

裁判所での新型コロナウイルス対策は、その裁判所によって違います。
地裁の支部とかだと、マスク着用を求められるのと、傍聴席を一部減らしているくらいなのですが。

厚木簡易裁判所の法廷は、法廷内の当事者席から、証言席方向、裁判官方向の両方に天井までビニールシートが設置されていました。

さらに、証言台から傍聴席の間にも天井までのビニールシートが設置。

今年、行った法廷の中では、もっともダイナミックな対策でした。

 

どこもそうですが、マスキングテープのようなもので貼られていて手作り感が満載。
高校の文化祭を思い出しました。

 

別の事件を傍聴していたところ、若い代理人弁護士でも、裁判官の声を何度か聞き返していたりして、声が聞き取りにくいです。

場所によっては、ビニールが二重になったりするので、目でも見にくい状態となります。

証人がマスクしているうえに、ビニールシート越しだと、表情なんて見えやしません。

視覚と聴覚に制限が課された法廷で、証人尋問はどうなるのか、体験してみたい気持ちが少しあります。

 
厚木、横浜の弁護士事務所 ジン法律事務所弁護士法人

コメント

タイトルとURLをコピーしました