認知症家族の責任を否定した最高裁判決

ニュース

弁護士石井です。

平成28年3月1日に最高裁判決が出ました。

認知症により列車事故を起こした男性の家族に対する損害賠償請求が否定されたケースです。

クローズアップ2016:認知症事故、最高裁初判断 高齢社会を考慮 責任、線引き難しく - 毎日新聞
 認知症の高齢者が第三者に損害を与えた場合に誰が責任を負うべきかが争われた訴訟で、1日の最高裁判決は「認知症の人の監督責任が問われないケースもある」と賠償責任を限定的に解釈する考えを示した。超高齢社会の実情を踏まえた判断で、認知症の家族団体は「介護の実態に合った画期的な判断だ」と歓迎した。一方で被害

家族に監督責任はどこまであるのか争われました。

記事によると、家族は、限定的な場合には責任を負うものの、今回は負わないとされたようです。

責任を負うかどうかは、

(1)その人自身の生活・心身の状況(2)認知症の人たちとの親族関係の有無や濃淡(3)同居の有無その他の日常的な接触の程度(4)財産管理への関与な ど関わりの実情(5)日常の問題行動の有無や内容(6)介護の実態−−などを総合考慮し、客観的状況から判断すべきだとした。

とされています。

結局、個別のケースごとに判断するしかないのですが、責任が否定されたというところは大きいです。

サッカーボールを蹴った子供に対する監督責任といい、今回の判決といい、本人への責任追及ができない場合の家族の責任が否定されるケースが続いていますね。

これから増える認知症患者の家族にとって、少しは安心できる内容ではないでしょうか。
厚木の弁護士事務所 相模川法律事務所

t02200131_0222013212770131653
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました