自己破産13年ぶり増加

新聞報道 ニュース

弁護士石井です。

自己破産者が急増しているという報道がされています。

自己破産13年ぶり増、銀行カードローン急増が背景か:朝日新聞デジタル
 個人による自己破産の申立件数が昨年、13年ぶりに前年を上回った。多重債務問題で消費者金融への規制が強化されて減少が続いていたが、最近は規制対象外の銀行カードローンが急増。自己破産増加の背景にはこうし…

https://moneyforward.com/media/life/28156/
統計上、減少傾向にあった自己破産の件数が、増加に転じたという話です。

朝日新聞の記事等では、銀行のカードローンが原因であるかのように指摘されています。たしかに、消費者金融の借金は、規制によって減ったのですが、それが銀行に変わっただけで、多重債務相談は変わらず多いです。
銀行のローンについては、消費者金融やクレジット会社の保証がついているので、結局、そちらに借金が移り、昔と同じような債権者の構成になります。最近、目立つ自己破産の原因は、次のようなものでしょうか。

・浪費、ギャンブル(相変わらず)
・騙された
・住宅ローン、競売、任意売却の残り
・副業・起業セミナーでお金使っても収入なし
・収入減少
・子の出産
・教育費

銀行が貸さなきゃいいのでは、という意見もありますが、上記の原因のいくつかは、根本的な原因を解決しないと何もなりませんね。

 

自己破産についての詳しい情報は自己破産相談サイトで確認してみてください。

厚木の弁護士事務所 相模川法律事務所

t02200131_0222013212770131653

コメント

タイトルとURLをコピーしました